ーーー株式会社藤井組ーーーー
藤井組トップ 建築工事 土木工事 福祉 技術集団 サポート 会社概要 お問い合わせ
ホームコネクタートップ HCとは HCの特徴 HCの接合性能 HCの耐震補強 HC施工例 資料請求




 こんなときは、ぜひ、ご相談ください。
  • 接合部に金物が露出して思い通りの意匠とならない。
  • 接合部のガタや、ボルトの緩みが心配。
 実際の施工アイデアはこちらを参照してください。

ホームコネクターにて木材AとBを接合


ホームコネクター工法は、木造建築において、木材を美しく、強く、簡単に接合する技術です。
 具体的には、接合すべき木材にドリルで穴をあけ、中空式のボルトに似た接合金物(以下、ホームコネクターと称す)を挿入し、木材とホームコネクター間の隙間を接着剤で完全に充填することにより、木材と木材をガタ無く接合する技術です。
更に、ホームコネクター自体は木材内部に収納されるため、金物の露出が一切無く、意匠を損なうこともありません。

本工法は、木材とコンクリート、木材と鉄骨等の異種素材の接合も可能であり、建築工事における広い範囲の接合に応用できます。

ホームコネクターによる接合

接着剤注入前イメージ

接着剤注入後イメージ
ホームコネクターには、T型とS型の2タイプのロッド形状が用意されており、この2種類のロッドで、木造建築におけるほぼ全ての継ぎ手・仕口をカバーすることが可能です。

S型コネクター(仕口・補強用)
 枝管がサイドにあるタイプのコネクター

T型コネクター(継ぎ手・仕口用)
枝管が中央にあるタイプのコネクター


ホームコネクター奈良営業所